意識低い起業の話とか そのに!

前回、私がミーティングに流れで参加せざるを得ないところまでお話した気がするので、その続きから書こう。

 

A氏は既に会社なのか、学生団体なのか、なんだかわからないのだけれど、そういったものを実際にお金を貰って回している経験者であった。私はそんな彼に付いていき、なし崩し的に起業するためのミーティングに参加することになった。

 

ミーティングの日。家を出発した時間は朝6時だったが、8時のミーティングに1時間遅刻した。てっきり私は、白い机に青とオレンジ色のクッションとローラー付きの椅子が並ぶようなオフィスだとばかり思っていたのだが、現実は異なっていた。黄ばんだテーブルと椅子、ホワイトボードだけは良いものようだ。広さはそこそこにあったが、クリアボックスや椅子が窓側の机の上に積み上げられ、実際に人が通れるようなスペースはあまり無かった。もともと事務所として利用していたものを頼んで使わせてもらっているらしい。

 

部屋の中には私とA氏、他に初対面の人が二人座っていた。 私の向かいに座っているのは丸顔で、昔の販促アニメやコロコロコミックの主人公のような青年だった。彼は、様子をうかがいながら途中から話を始めた。どうにも私が来たこと彼らの話を中断してしまったようだ。小さい声で謝って、彼らに話を続けてもらうように促した。私の隣に座っていた男は、メガネをかけていたが、長いの前髪で顔がよく見えなかったが、大人しそうで、気が合いそうだと思った。ミーティングはわからないワードが飛び交う。何もわからん。わからないので全く覚えていないが、偉い人と思われる名前が飛び交った。

 

その話が一通り終わったら、程よいところで自己紹介をした。主人公っぽいB氏、大人しそうな方をZ氏としよう。二人共A氏の大学の友人らしい。某アニメキャラクターがプリントされたマグカップ二つと白いマグカップ二つ、それとペットボトルのお茶をA氏が奥から持ってきてくれた。私はなんとなく、アニメキャラクターのマグカップには手をつける気にはなれなかった。

 

C氏は私にWifiのパスワードを教えてくれたりしてくれたので、まぁ、彼がいればコミュニケーションは問題ないだろう。と感じていた。B氏は年下のようで小動物的な可愛さがあったが、いかにも生真面目で努力家、といった感じがして私は少し苦手だった。私の方が年齢が上、ということで少し距離があるのも嫌だった

 

個人的な気持ちの話だが東大卒者三人な囲まれた私はなんだかここにいるのは場違いな気がした。そもそも東大に入ったということは『私より真面目に勉強した』か『私より才能があって努力を省ける』の二択だ。努力、能力のどちらかが私を上回っていることは明らかなのだ、という考えでその場に座っていた。(実際そのとおりだとは思う)

 

その後資金調達や人集め、法律的な話と今後開発についての話があった。私は少しだけ話に口を出しては白けさせたりしていた。私は今後のミーティングはSkypeで参加させてもらうことにした。なんだかこんな感じでやっていけるのだろうか、という柔らかい不安が首に巻きついていたが、C氏のおとなしい感じ、起業するメンバーとは少し違った雰囲気がなんとなく安心させた。

 

こうして毎週のミーティグに参加すること数週間。ふんわりとした曖昧な情報伝達と、イマイチ共有できていない気がする目標等がかなり不安であったが、『ま、東大だし平気でしょ。彼らにできないなら、私にできることはない』と思っていた。

 

そんなある日、私にとってはもう一つの大きな話がきた。友人に格闘ゲームの大会『闘神祭』のギルティギア部門に誘われた。ギルティギア部門は3on、つまり3人必要になるので、今回を逃すとまたとない機会だ。3人のうち1人は昔に闘劇best4。つまり超強かった。「起業と比べたらなにを、そんなこと」と思うかもしれないが私にとっては大切なことであった。格闘ゲームのtwitch配信やらtwitterやらでちやほやされたいのだ!ついでにそれで稼ぎたい。

起業なんぞしても意識激高な真面目人間たちにしか注目されないだろう。そんなものにクソほどの価値もなく、全ては金のため。下手したらお金を得ても何に使うでもない。エクセルおじさんやら、社畜やらにならずに生きるためだ。今回の起業というチャンスを逃したら一体次にいつチャンスが来るのだろう。

 

だが起業のメンバーにゲーム大会などという理解の得られないもので迷惑をかけていいものだろうか。私は結局悩んだままミーティングに出ては話を聞いて、何もないときはギルティギアで遊ぶ。そうして『まぁ、起業は東大生がなんとかしてくれる』『闘神祭もギルティギアおじさんがなんとしてくれる』と、自分では何一つやる気などなかった。なんどかミーティングに出て気がついた、私が一番共感し、ある種の安心感を感じていたZ氏は全く現れなくなった。

 

おそらくつづく!

意識低い起業とかそのへんの話 そのいち

社名とか場所とか特定されると私だけでなく社長とか、出資者に迷惑がかかるのでギリギリ特定されないところを狙って書く。と思ったけど多分特定される。けど、どうせ誰も読まんやろ。

 

私はプロゲーマーorLO作家を目指して日々某所に幼女にいたずらする妄想を文書にして投下していたが、いよいよお金がなくなり、死んでしまう思った。

 

とりあえず、通っていた大学の先生にでも紹介してもらばええんじゃね、と軽い気持ちで大学に向かい、暇つぶしに学生の研究を手伝いながら職捜しをしていた。一向に見つかる気配はなく、探す気もなかったので、何するかなぁと思っていたところ、教授から『学生の研究手伝いついでに、きみの研究活かして起業したいってやつが居るんだけど、会わないかい? 学生の研究にも役立つだろうし。彼に合わないかメールで聞いてみていい?』私は深く考えないでオッケーを出したわけだ。

 

翌日、メールが来た。ホントに来た。焦った。知らん奴が私の話を聞いて、メールをしてきたのだ。A氏としよう。下の方には東京大学の文字。学歴社会の頂点に君臨する奴が、LO作家とプロゲーマーを目指す私に一体何の用があるというのだ。そう思ったがとりあえず、メールで会う約束をした。

 

後日、場所はスタバ。意識高い系の城だ。私はまさに海外に一人で戦いに来たボクサーのようだ。アウェイだ。しかも顔を知らないので見つける事ができない、死ぬ!と思った。なんか小難しそうな本を読んでいる男がテラス席にいて、どうにもコイツなんじゃないか、と思って私は話しかけて見ることにした。『あ、どうも』オタクっぽいやつかと思ったらそんな事はなく、パワフルな感じの男だった。私はスタバでカフェモカシロップ増しを頼んで、東京大学卒の話を聞くことにした。

 

『あ、なんか紹介してもらったんですけど。普段何なさってるんですか』ゲームしながらロリ妄想をネットに放流してます!将来の夢はエロロリ漫画家!とは言え無かった。

『えぇ、まぁ、研究手伝ったり』私は学生時代はコンパイラ作ったりゲームエンジン作ったりしていたので何とかなるだろう、と思った。彼はそのまま情熱を振りまきながらビジネスモデルを熱く語ってくれた。『○○さん(ぼく)はどういったビジネスモデルを考えてるんですか?』しまった、と思った。私は教授に『こんな感じの会社ても建てます』とか適当にホラ吹いていたのが、A氏のところまで伝わってしまっていた。咄嗟に適当にでっち上げたビジネスモデルを語ると『あっ……ふぅん、なるほど。むずかしそうですね』と、明らかにガッカリしたような反応が帰ってきた。彼は起業を本格的に考えているようだ。明らかに私とは違う人種だと悟った。

 

私はとりあえず、社会が悪い的な適当な話に持ち込むことにした。A氏も『そう、そうだよね!普通に安い賃金で長時間労働なんて馬鹿らしい!社畜にはなりたくない!』と話してくれた。『目指せ不労所得』と言ってくれたので、なんとか意思疎通はできそうだった。その後、彼は声優アイドルが好きな事が明らかになった。趣向は違うが考えは同じ、といった感じだ。その後、昼飯を食べて居る時に、毎週ミーティングしてるから来週来てよ、と言われて、『えぇ、いいですよ』と断れずに言ってしまった。

 

翌日、彼から再びメールが来た。改めて起業するためのミーティングに来ないか、とのこと。断るに断れず行くことに。ここから、まぁ、登場人物が増える。

 

つづく

意識低いのに、起業に巻き込まれた

何度か転職のための面接をしましたが、残念なことに会社には私の居場所というものが存在しないようだ。

 

かと言って働かなくては死んでしまうので、大学に戻ったり、色々してるうちに起業をしたい学生の手伝いをする事に。

 

なんというか、その学生はいわゆる『意識の高い人』であり私のようなエロロリ漫画家目指して友人の家に居候した後に諦めて実家に帰るような人間とは見えてる世界が違うように思えた。

しかも、私はプログラマーとして雇われたわけだが、ハッカーと呼ばれるには程遠い人間だ。このまま私が居れば起業は失敗に終わるだろうし、それは私になんの関係もない。また仕事探しに戻るだけだ。

 

学生時代に起業の勉強もある程度していたので、まぁ、雰囲気程度はわかる。ただ、起業したいという高学歴の学生は、私を完全に信用して、スーパーハッカーかなんかだと思い込んでいるのではないかと心配になる。

 

私はただの、会社をやめさせられ、エロロリ漫画家を目指して諦めた小児性愛者予備軍のADHDである。そんな人間を向こうがどこまで信用しているのかは分からないが、信用してもらっては困るわけだ。

 

彼らにとって、私がまったくの無能であることは社会勉強になるかもしれない。私にとっては当たれば勝手にお金が入ってくる博打、というわけだ。

 

現状、ハッカソンや早朝ミーティングに参加して勉強をしている段階だ。出資金集めの面接等の技術の説明としないとならない。できない。

 

なんにせよ、彼らが私という爆弾をどこまで連れてってくれるのか、低みの見物といこうではないか。

意識高い系とか言って揶揄するのはあまり好きではない

そう思っていた時期が僕にもありました。

けど実際自分がそういう人々に巻き込まれるとどうだろう。揶揄する人の気持ちがなんとなくわかった気がする。

意識高い人達の中でも意識低い方なのか、アニメの話とかは普通にするし、オタク気質な人間だとは思う。だけど如何せんピュアというか、人を傷つける事に抵抗がないというか、そもそも何で人が傷つくのか分かってないのではないか。幸い、傷つけれた事はないけどいずれ対立する恐怖に怯えて日々を過ごしている。

 

そう、そしてそれはぼくの次の仕事先の関係者となる予定だ。恐怖だ……

今週の成果

  • コミュニティ脱退
  • 闘神祭店舗予選は強い人が無双してくれる
  • 会社作るから仕事捜さなくていいか
  • コミュニティに帰還
  • 友人にXrd上達の手引を作る

 

こんなもん

スターバックスの丸いやつを購入する権利が当たって買ったやつが届いた

なんかICかなんか入ってるキーホルダーが当たった。

これ使う必要性がわからんのだけど買った。当たらないと思った。

 

これ転売すると4万とかになるらしいんだよね。凄いよ、10倍だよ……うわぁ……

『ロリコンは一種の対人恐怖症』『ロリコンは大人の女性が怖いから』『ロリコンは人間関係がうまく行ってない』って本気で思っているのだろうか

あいにく私はファッションロリコンなので、本当のロリコンの人の気持ちはわからないのだけど、『ロリコンはなんらかの障害がある』というのはどうだろう。

ロリコンで且つ、現実に子供に手を出した犯罪者は障害がある人で構わんが、子どもに興味を持つことがおかしいんじゃあなくて、現実にヤッちまうのが狂ってる。

例えば、スカトロはどうだろう。ハードSMは。熟女や盗撮痴漢学生モノ。世の中に理解できない性癖があるからと言って、『自分は違う。自分は聖人君子だ』と言う人はいないと思う。

じゃあ、何でロリコンはおかしいんだ?ロリコン向けのDVDはある。けど、老人好き向けDVDはあんまり見ない。なら年寄り好きのほうがよっぽど病気でいいんじゃないかね。というのは老人好きに悪いのだけど。

まぁ、別にロリコンが病気だろうとそうじゃなかろうとどっちでもいいのだけどね。みんなの心の中にヘンタイは巣食っているんだよ。