何も好きになれず楽しくないのを人に共有するのが楽しい

世の中生きてれば普通、1つや2つの好きなものがあると思われる。その1つや2つが見つからない。

そもそも、周りの人間が思ってる楽しいって本当に楽しいのか?人生を投げ打って投じる価値のあるものなの?お金を使ってるから楽しく感じるだけなのでは?流行という一体感に騙されてるだけなのでは?

わたし最新作のゼルダの伝説があまり好きではない。オープンワールドで祠やら写真やらやることが沢山あって面白いとも思う。みんな面白いって言う。

だけど好きじゃない。一人で延々と祠を回っていると虚しくなる。自然の中に孤独。村人とのコミュニケーションもなんだかサッパリしてるし。色々話があったから色々イベントクリアしたりしてたけど、今回は『結局祠ね、はいはい』って感じで遊んでる。

 

やるけど、好きじゃない。世の中に溢れてるみんなが楽しいと思っていることが何一つ楽しくない。

強いて言うなら人に嫌な思いをさせるのが楽しい。本当に嫌な人間は、他人に嫌な思いをさせることしか楽しめないというけど、まさにその通りなのだ。

一度言われたことを延々とネチネチと繰り返すわたしだが、それしか楽しみがない。何も楽しくないという状態を共感してほしい。共有したい。それが楽しい。

ぼくの居場所はもはやどこにも残されていない。なぜなら楽しいことがないから

つらさしか感じない

なぜ腕を痛めてまで格闘ゲームをやらねばならんのだ。楽しくない、飽きた、やる事無い。けど、闘神祭に出るとしよう。言うならば3人でチームなんだよ。強い一人の人が無双するから、っていうけど万が一って事を考えると怖い。負けるのが怖い。迷惑かけるのが怖い。嫌われるのが怖い。居場所がなくなるのが怖い。人が離れるのが怖い。誰も居なくなるのが怖い。とりあえず起き攻めとか○○式とか色々練習してるけど、不安で夜中にやらないといけない気がして目が覚める。

もしかして、これって楽しいってことなの?情熱ってこういうこと?

よくわかんない。ゲームじゃん、楽しくやればいいじゃん。1番楽しいのはやらないこと。なにもしないこと。だって飽きたし。どいつもこいつもぼくを追い詰める。

『楽しい』なんてハリボテ。できない奴の逃げだ。うまいやつはコミュニケーションの手段として用いるから、楽しいって言ってるだけ。楽しくなくてもやる。楽しくない事が楽しくなることはない。ゲームだってどうせハメ殺されて負けるに決まってる。

デレステのイベントも結局諦めることにした。時間を使うのが怖い。眠るたびに首が閉まっていく感覚がする。

 

結局ぼくの居場所がないのは楽しめてないから。何も楽しいと思えないから。盛り上がる、ということの意味がわからない。あの、人が集まって『うおおぉ〜!』ってなるやつとか。なんで叫んでるの?叫ばずにはいられないんだと思うんだけど、なんで?

わかりたい。ぼくにはわからない。なにもわからない。

ぼくは熱意を対価に幸福を得たのかもしれないなぁ

二次元のハニートラップにはみんな警戒しない。 実在しない女性は我々を騙さないとでも思っているのか

ぼくは、キャラクターグッズにお金を使わない。キャラクターに貢ぐのがなんだか女性に金を取られているみたいで嫌だから。

母の教えで、『金がないと何もできない。擦れてないのだから、変な女に騙されないように気をつけなさい』と言われて育ったため女性にお金を出すのに人一倍抵抗がある。どんなに好きな人でも、ご飯を奢れと言われたら躊躇して、断る。実際に経験がある。

 

女性は現代人に必要な身体的能力すべての面で男性に勝っている。計算能力や共感、痛みに対する耐性も女性のほうが強いらしい。そんな上位互換のような生物に騙されないように生活しなくてはいけない。油断するな、スキを見せるな、財布の紐を確認しろ。

どんな美人も、美少女もお金には代えられない。ただし、美がお金を生む。私は美によって搾取さたくない。

前は、そっちじゃない。

某コミュニティから脱退してからの生活3

今現在何故か妙に忙しい日が続いているのだけども相変わらず仕事は無い。ギルティやってプログラ厶と絵を描いて生活している。

コミュニティから実際、離れてみるとやっぱり自分のいる場所では無かったのではないか。正直、幸せになって離れたわけではないので人生における嫌な記憶の1つとして着実にシナプスが繋がっている気がする。

現実とフィクションの境界を完全に分断したい私としてはみんな平気で偉いと思う。悲しいことにぼくは楽しみをみんなと共有することができないわけだ。声優とかアイドルとか、現実の生物の姿を感じさせるものがどうしても苦手だ。つらい、こわい。3次元が苦手でフィクションに逃げてるわけではないんだけど、苦手。現実の意志が介入されていることが怖い。やっぱりどうしても、アニメの絵とかはアニメの中で完結してないとだめ。蕁麻疹が出るくらいだめ。そんな僕は死ねばいいと思う。そんな体質だからコミュニティに戻るのは、けものフレンズブームが落ち着いた頃になるになるだろう。

とか書くとけものフレンズ嫌いなみたいだけどアレ自体は全然嫌いじゃない。

結局、私はどこまで行っても社会不適合者なのではないか。

 

ただそうなるとコミュニケーションには帰れず、ぼくの倒錯的な妄想のやり場がなくなってしまうが我儘だろう。

ほら、あれですよ『君の名は』みたいなのでお願いしますよ。

いや、そこはもっとToHeartみたいな感じでおねがいしますよ。あとはたまごっちとファミコンiPhone足して、スーパーマリオで割った感じ。それに進撃の巨人けものフレンズ

 

こうすれば、偉い人たちが好きなものなできると思うんだけど、どうかな偉い人。

ネット対戦、XBOX月額有料、switch月額有料、PS4月額有料、PC月額無料。 クレジットカード怖い。 子供に優しくない。

月額課金になると面倒くさい。高い安いじゃなくて面倒くさい。年間数千円の出費がかさんでいく。

人は言う、『plusだとタダで遊べるやつもあるし』と。そうじゃないんだ。クレジットカードが無いんだ!両親のクレジットカードをネットに入力するのが大変なんだ!

いい大人なんだからクレジットカードくらい作れよ、と言われるんだろう。

 

銀行が怖い。お金が怖い。なんかもう、他人にお金を管理してもらう恐怖たるや。みんなが一斉に銀行から引き出したら銀行潰れるんだよ……

クレジットカードなんて絶対使いすぎちゃう。父親はすぐクレジットカード止められてる。わたしにもその血が流れているので気をつけなくてはいけない。こわい。

 

ゼルダの伝説見ても、ARMS見ても、月額有料を見てもニンテンドーってやっぱり私のような子供に優しくなくなってる気がする……

僕は大人になれよ、みつい……で済むからいいけど本当に子供の人たちはニンテンドーではなく、結局スマホゲームに搾取されてるから子供には優しくない世の中なのか。

 

それとも、子供たちはもう僕よりも成長して、大人になってしまっているのだろうか。小学生で彼氏とかいるのか、いるというのか。

小学生の女の子で彼氏募集してる人いたらぼくに紹介してください、ぼくやさしいし顔が良いので。

『はねろ!コイキング』のブリーダーが可愛い

性別とか選べないけど、ヘアピンしてるし多分女の子。

防止を深くかぶって顔の上半分は隠れる。

きんのたまを貰うときに冷や汗をかく。

パーカー。

 

かわいい。